[重要]常勝株ジャーナルをご利用いただいていたお客様へ

関東財務局長(金商)第1756号

営業時間 平日 8:30~18:00

03-6417-4257

2020年2月14日

SQ値(4)

投資調査部
成岡 順
友だち追加
今月こそは24000円の大台を越えてSQ値が決着して来ることに期待を持っておりましたが、今週は24000円以上には行かせないとした徹底した売りが先物市場に出ておりました。

ニューヨークダウが最高値を更新した12日(水曜日)の晩。

この日は夜間取引において23940円で徹底した売りが上値を抑えておりました。

明けて13日の日中の取引においては朝方に23940円を抜けて来たので上値を取りに行くかと思いきや売り叩かれ、その後は上値を再度取って来る動きにはなりませんでした。

昨日の夜間取引では23550円まで下落する場面もあり、本日のSQ値も23745円での決着となったことから24000円台に行かせなかったファンドが勝利したと思われます。

しかしSQ値はこれで3か月連続でほぼ同水準での決着となっておりますが、ここまで続くことは中々ないことからかなりの力が働いていると考えられ、日経平均はコントロールされていると感じておりますがこの実体(手口)がどうなっているのかということは謎です。

ただ以前からお伝えしている通り、SQ値〜SQ値までの天底を付ける値幅は1000円〜1500円くらいであると思いますので1000円を超えて来るような場面では一旦止まるところと考えて頂ければと思います。

来月のSQ値はいい加減どちらかにブレて決着してきますかね。

その間の値幅にも注目して頂きながら来月のSQ値がどうなるか注目して行きましょう!

ではまた来週もよろしくお願い致します。


投資調査部
成岡 順
友だち追加

専門学校を卒業後、証券会社の株式部、所謂「場立ち」として就職。のちに東京証券取引所内での自己売買(株式ディーラー)として相場を闘い抜く。その後は準大手証券SMBC証券に移籍。オーバーナイトポジションは5億を超えるポジションで勝負。その後ディーリング部の廃止などにより中堅証券を2社渡り歩き、現在は株式会社G&Dアドヴァイザーズの投資助言者。

一覧に戻る

ヘルプ

当サイトに多く寄せられるご質問を項目ごとにまとめました。各種サービスについてもご案内しています。

質問と回答一覧

お問い合わせ

ヘルプで解決できない問題や、直接サポートセンターとやり取りをしたい場合はこちらをご利用ください

お問い合わせ