[重要]常勝株ジャーナルをご利用いただいていたお客様へ

関東財務局長(金商)第1756号

営業時間 平日 8:30~18:00

03-6417-4257

2018年4月20日

【4/20】4月に入り外国人投資家は大きく買い越し

投資顧問部部長
伊東 聡
こんにちは伊東です。

先週金曜日のユーチューブの生放送ご覧頂けましたでしょうか?

不慣れなもので色々と不手際があったかと思いますがお許し頂ければ幸いです。

今後とも楽しみの一環で温かく見守って頂ければと思います。

さて相場の方はと言いますと4月に入り外国人投資家は大きく買い越しに転じており今週木曜日にも発表があったようですが3週連続での買い越しで金額は820億となっております。

日経平均ベースでも私の視点でもある22500円に近付きつつありドル円の状況も円安傾向で徐々にリスクオンのムードになって参りました。

良い注目点としましては、原油高から来る資源株の復活ではないでしょうか、一般の消費者にはガソリン価格の上昇は厳しさもありますが資源価格の上昇は物価高にもなり株式市場にとっては好感できる内容ではないかと思います。

悪い注目点としましては、またもや米国の10年債の動きです昨晩も上昇に転じており一時2.93%までの上昇、為替にとっては円安ドル高となりやすいそうですがPERなどの高いグロース株米国で言えばナスダックなどの上場株は懸念されそうです。

またこのような状況から日本の成長企業特に中小型株の多いマザーズ銘柄なども気を付けなければいけませんね〜

ただ先日のマザーズ指数の大きな下落により個人投資家は投げ売りを加速し追証回避の売りも大分観測されましたので需給面はかなり改善されたようにも感じます。

ここに来て、日本の非鉄金属株や銀行セクターの株が堅調になってきたことは個人投資家にとって好感されるされる材料ではないかと思います。

日本の個人投資家は2006年の小泉改革の際の【8411】みずほFGの現物の持ち株が大量にあるようです。

当時私が株式ディラーだったころ【8411】みずほFGは当時高値103万(現在で換算すれば1030円※株式の併合により)の高値を付けその後の民主党政権で100円前半まで叩き売られた経緯が御座います。

その後アベノミクスで多少盛り返すも高値は280円で高値からの戻りは3分の1程度で留まっているようです。

本当の株価の上昇や好景気を睨んだ過剰流動性相場を実現させるにはメガバンクの上昇が必要不可欠では無いかと思います。

米国の金利の緩やかな上昇であれば日本の銀行セクターの株は好感されそうですので買わずとも注目しておいても良いのではないでしょうか。

多少、皆様の好きな新興市場株はまだ本調子とは行きませんが徐々に需給は改善され戻りを試しそうな展開となって参りました。

来週が明ければゴールデンウイークですねその前に皆様もひと稼ぎできる事を願いつつ来週またお会いしましょう。

さてここまでお付き合い頂きました皆様に恒例の気になる1銘柄【3356】テリロジー セキュリティの分野で再度注目されそうです大分叩き売られましたのでそろそろかな〜

アッもうこんな時間だ(金曜昼過ぎ)夕方のYouTube動画の準備に入ります。
投資顧問部部長
伊東 聡

東京都出身。高校を卒業後、証券会社の場立ちを経験し取引所内での自己売買(ディーリング)からシステムに移行するまで当時の店頭株(ジャスダック)専門のトレーダーを経験。25年近い証券ディーラー人生。経歴や武勇伝は数知れず、5分で8000万円やられた経験の一方で、月に3億円近い利益を上げた経験も。「Yahooファイナンス」や夕刊フジ「株ワングランプリ」でも活躍。本人曰く「三度の飯より株が好き」

一覧に戻る

ヘルプ

当サイトに多く寄せられるご質問を項目ごとにまとめました。各種サービスについてもご案内しています。

質問と回答一覧

お問い合わせ

ヘルプで解決できない問題や、直接サポートセンターとやり取りをしたい場合はこちらをご利用ください

お問い合わせ