[重要]常勝株ジャーナルをご利用いただいていたお客様へ

関東財務局長(金商)第1756号

営業時間 平日 8:30~18:00

03-6417-4257

2020年11月13日

SQ値(11)

投資調査部
成岡 順
友だち追加
本日のSQ値は25480円と前回のSQ値から約1750円の上昇。

先週5日に前回SQ値を取ってくると上昇が加速し、更に週を明けて月曜日の晩にファイザーからワクチン開発の明るいニュースが伝わると本格的な景気回復期待からリスクオンの動きが強まり、明けて火曜日は25000円の大台迄上昇するなどこんなにも早く25000円が見れるとは思いもよりませんでした。

ただ、結果的にこの展開が相場をより難しくしてしまったのではないかと思います。

それは月曜日の晩のCMEの225先物値段が25800円台までの上昇をしてしまうなどそこまで一気に上昇してしまったことはある意味もったいないかなと。

米国大統領選が無事に通過してバイデン氏に決まり、バイデントレードをじっくりとしながら他に買いが波及して行き、年末に向けてその辺りまで上昇していく相場展開が理想ではなかったかなと。

またその逆作用が新興市場のマネーを一気に引き上げることに繋がってしまい結果として新興市場が大幅な下落となってしまったのも残念な展開であり荒っぽい相場を作り出してしまったと考える。

とりあえずは本日SQを終えて、企業決算もほぼ終えたことから来週からはどこに資金が集まるか注目となる。

仕切り直しを図るタイミングであり、年末に向けての相場のスタートになるであろう。

ここから相場を安定させる1番の材料はやはりコロナのワクチン開発の進捗にかかってくると考えるが、

ここ何日か感染者数が増加しているにもかかわらず株価がある程度の水準を保っていることは進捗具合が良好であることの裏返しと見ると来週以降の新たな明るい報告に期待をして年末に向けて社会も経済も明るくなることを願いたい。

今週に入り一段と気温は寒くなって来ておりますので引き続き体調管理に注意をしていきましょう!

来週も宜しくお願い致します。
投資調査部
成岡 順
友だち追加

専門学校を卒業後、証券会社の株式部、所謂「場立ち」として就職。のちに東京証券取引所内での自己売買(株式ディーラー)として相場を闘い抜く。その後は準大手証券SMBC証券に移籍。オーバーナイトポジションは5億を超えるポジションで勝負。その後ディーリング部の廃止などにより中堅証券を2社渡り歩き、現在は株式会社G&Dアドヴァイザーズの投資助言者。

一覧に戻る

ヘルプ

当サイトに多く寄せられるご質問を項目ごとにまとめました。各種サービスについてもご案内しています。

質問と回答一覧

お問い合わせ

ヘルプで解決できない問題や、直接サポートセンターとやり取りをしたい場合はこちらをご利用ください

お問い合わせ