[重要]常勝株ジャーナルをご利用いただいていたお客様へ

関東財務局長(金商)第1756号

営業時間 平日 8:30~18:00

03-6417-4257

2020年5月8日

SQ値(6)

投資調査部
成岡 順
本日のSQ値は[20073円]で決着となりました。

先月のSQ値が19577円であったことからちょうど500円程上昇したことになります。

直近の2か月が大幅な値幅であり、通常の値幅を大きくはみ出していたこともあり、久しぶりに落ち着いた決着でありました。

またこの期間の日経平均株価の安値は18850円。高値は20365円と上下の値幅は約1500円で収まっております。

この様な結果となったことからテクニカル的には脱コロナとなり、通常モードに切り替わってきたと考えられます。

個別銘柄に目を移しますと、コロナショックの影響を大きく受けてしまうであろう外食、旅行、イベント、フィットネス、アミューズメントなど叩き売られた銘柄が軒並み値を戻して来ております。

また一方でバイオ関連株がアンジェス(4563)を筆頭に大幅に上昇を続けておりましたが、そのアンジェス株が本日一転してストップ安となったことから資金の移動が始まるきっかけになったと考え、週明け以降はどのセクターに資金が流入して行くかというところにも注目です。

アフターコロナ相場はこのまま指数が上昇して行くかどうかは始まってみないと分かりませんが、指数が下落しても上昇する株はありますし、空売りという手法で利益を追求することも可能です。

投資マネーはジャブジャブの状態であり、どちらにしても動きは出ると思いますので相場のどこかにチャンスが出来ると考えます。

とりあえずは週明けのアンジェスの値動きを見つつ次のチャンスがどこになるか注目したいと思います。

それでは来週もよろしくお願い致します。
投資調査部
成岡 順

専門学校を卒業後、証券会社の株式部、所謂「場立ち」として就職。のちに東京証券取引所内での自己売買(株式ディーラー)として相場を闘い抜く。その後は準大手証券SMBC証券に移籍。オーバーナイトポジションは5億を超えるポジションで勝負。その後ディーリング部の廃止などにより中堅証券を2社渡り歩き、現在は株式会社G&Dアドヴァイザーズの投資助言者。

一覧に戻る

ヘルプ

当サイトに多く寄せられるご質問を項目ごとにまとめました。各種サービスについてもご案内しています。

質問と回答一覧

お問い合わせ

ヘルプで解決できない問題や、直接サポートセンターとやり取りをしたい場合はこちらをご利用ください

お問い合わせ