[重要]常勝株ジャーナルをご利用いただいていたお客様へ

関東財務局長(金商)第1756号

営業時間 平日 8:30~18:00

03-6417-4257

2020年1月24日

オプション建玉

投資調査部
成岡 順
今週の日経平均株価は新型コロナウイルスの拡大懸念などから上値の重たさを感じながらも下値は25日線で何とかサポートされる形で取引を終えました。

半導体関連株の堅調さが日経平均株価の下値を支え、大きな下落になることを免れたと思われます。

米インテルも好決算を発表しており、見通しの明るさから先高観が感じられており、それはオプションの建玉からも感じられております。

来月(2月物)の建玉は特に大きなところもなく平坦さが感じられる状況でありますが、3月物に関しては24500円のコールの建玉が大きくなっていることから日経平均株価の24500円超えもあると見ております。

現在夜間取引が行われておりますが、225先物価格は本日の終値から上昇しており再度今月のSQ値を上回って来ていることから先ずは来週の24000円台回復にも期待が持てる状況です。

オプションの建玉を見ることでマーケットを仕切っている外資系ファンドの方向感みたいなものもある程度は掴めますので注目してみてはいかがでしょうか。

以上ことから外資系ファンドは上昇を見込んだポジションを取っていると考えますので、軽い気持ちで空売りをするようなことにはご注意ください。

彼らの動きに逆らうことは危険であり、ついていく事が利益を上げることに繋がると考えます。

それではまた来週もよろしくお願い致します。
投資調査部
成岡 順

専門学校を卒業後、証券会社の株式部、所謂「場立ち」として就職。のちに東京証券取引所内での自己売買(株式ディーラー)として相場を闘い抜く。その後は準大手証券SMBC証券に移籍。オーバーナイトポジションは5億を超えるポジションで勝負。その後ディーリング部の廃止などにより中堅証券を2社渡り歩き、現在は株式会社G&Dアドヴァイザーズの投資助言者。

一覧に戻る

ヘルプ

当サイトに多く寄せられるご質問を項目ごとにまとめました。各種サービスについてもご案内しています。

質問と回答一覧

お問い合わせ

ヘルプで解決できない問題や、直接サポートセンターとやり取りをしたい場合はこちらをご利用ください

お問い合わせ